free web hit counter

自分て何だろう?世界最高峰のダンサーから学んだ30代の自分

背中マインド

自分て何だろう?

30代までにしておきたいことは

沢山の経験をすること

そこで一つ大切にしてきて今も財産になっていることをあげますと

美しいものを見る

でした

それは、圧倒的に美しくなくてはならない

だから、世界中の美しいものを見てきました

ダンスをやっていたので、世界中のトップクラスの人たちを見たくて様々なところを旅しました

シルク・ド・ソレイユが見たくてラスベガスに行き、トルコで本物のベリーダンスを見て、

中でも一番印象的だったのが、フラメンコの巨匠

SARA BARAS

マドリッドを訪れたとき、フラメンコがどうしても見たくて、英語対スペイン語(英語も通じずもはや日本語)

で劇場に今日一人で観たいのだけどシートはある?

と聞いたら、ちょうどありまして、まあ何でもよかったんです、見れれば

そしたら、まず感動するのが

劇場に家族連れで舞台を観にきていること

あーだから、海外の美意識というのは子供の頃から洗練されていくのだな

と思いました

そして、ショーは、

あまりにも美しく優雅で、そして情熱的で

感動しました

帰りの飛行場でDVDを探していたら、昨日舞台に出ていた人のDVDがあったのです

”この人有名?昨日観たの”と売店の人に聞いたら、

”あなた、ラッキーね、最も有名よ!”

{5269FFDB-7E8E-4AA2-8A50-D769896D7CA6}

 

そのDVDを購入し、帰国後観ましたら、また一味違う美しさがそこにはあったのです

シンプルな舞台、そして

あまりにも美しい笑顔で踊る姿

当時の私は、なかなかに悲観的だったので楽しく踊るなんてことできなかったのですが

彼女の笑顔はあまりにも神々しく

人を惹きつけるのはこういうことなんだ

と思ったのでした

それはあまりにも平和で、調和的でシンプルながらに完全に惹きつけられるのでした

飾らない美しさ

これが人の心を動かすのかもしれません

争うことでもなく、比べることでもなく、否定することでもなく

そこにあったのは、

心からの美しさ

だったのです

芸術は生きる糧において何かのヒントをくれます

今は、姿勢調律士としてピラティス、オステオパシー、ウォーキングなどやっていますが

私の中での共通点は

笑顔になってもらうこと

でしかないです

ピラティスも、トレーニングを積み重ねているだけで果たして健康になれるのか?

そこに、楽しさや喜び、より美しくなっていく実感がしっかりと感じられるからこそ、

またやろう

と思えたりするのではないでしょうか

そう、私にとっての健康は

笑顔であること

これでしかないのです

だから、セミナーでも楽しく笑顔で帰ってくれたかな

を大事にしています

姿勢が整って、体が本当に楽だわ!

といってくれることが自分にとっての最大の喜びです

そう、

自分て何だろう?

それを考えてきた答えにはまずルールがありました

それは、

自分の最も大切にしたいことを大切にし続ける

です

このルールを大切にしながら、

自分?を考えた時の答えは

自分はなくていい

なのです

求められることを全うする

これが30代からの役目なのかもしれません

20代までがやりたいことをやる

20代からがやるべきことをやる

です

何色にも変わればいい

求められている自分になること

これは、最も難しく、そして最も尊い、だけど最も美しいことだと今は考えています

まとめますと、

まずは、

1自分の大切にしたいルール作りからです

これは、経験、様々な人との出会いによって、自分が

好きだな、好きじゃないな

を判断しながら作っていけばいいかと

2ルール作りは自分を楽にしてくれる

そう、最終的に私の場合は、あははー!となればいいので、どんなネガティブなことも、どんなどん底の話を聞いても

それは、貴重な経験である

と伝えています

それを解釈し、紐解き、考え、次の自分の美しさというカテゴリーにまたはめていけばいいのです

3そのために最も大切なこと

心に余裕を

これだけです

忙しいは  心がなくなる

心がなくなっては、美しさを求めることができなくなります

4そのためにいつも気をつけたいことは

健康管理

これに尽きます

全ての精神は健康な肉体があってこそです

健康を司ることが、素敵な出会いを呼び、素敵なところへと向かわせてくれます

せっかくのチャンスも熱をだしたらパーになってしまいます

5バロメーターに取り入れてみてほしいこと

これが姿勢です

姿勢は面白いほど、自分の精神を映し出す鏡です

これをモニタリングすると、

あ、これ好きだな、これ好きじゃないな

とわかってきます

何か嫌な匂いとか、食べ物とかを間近にした時って人って必ず

身を小さくするのです

これって必ず無意識にしています

これをモニタリングすると、

自分のルール作り、大切にしたいものが見えてくるかもしれません

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

ではまた!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。