free web hit counter

心の安定、穏やかさは姿勢で作れる。背中意識で心を読み解く!

メンタルケア

腰痛との戦いが終わってからは、姿勢のことが面白くなり研究を始めました。腰痛との戦いはこちらにまとめさせていただきました。

腰痛3ヶ月から正しい姿勢をマスター!腰痛対処、セルフで治す!

姿勢は心のコントロールを司る魔法!

実は、姿勢を整えること、背中を意識することがとても心のケアに役立ったのです。

ある日、電車に乗り遅れ、「ああーまずい!時間に遅れてしまう!」と心がヒヤヒヤとしたストレス感情に陥った時、背中の上の方がピリピリするのがわかったのです。ふと身体を観察すると、背中が丸くなっていました。そして背中の神経がピリピリするのです。猫背をすっと整えると驚くことに、ピリピリがなくなったのです。これは自分の中で大きな発見でした。そして、遅れてしまうと焦る心自体に意味をなさないことに気付かされたのです。

その後もピリピリする経験がありました。ある日、財布忘れて出かけていたことに気付かず、ふと気付いた時にはまた背中がピリピリとするのです。そしてまた、

背中が丸くなってる

それで姿勢をLで座るに戻します。するとまた驚くことにピリピリ感がなくなるのです。そして、不思議と、焦りが全く消えるということを発見したのです。その体験をしてからというもの、姿勢を整えることをさらに徹底しだしたのです。姿勢をとことん整えだしましたら心がコントロールできるようになったのです。これはまさに魔法のようでした。これが今でいうマインドフルネスの一つでもあります。

無意識を意識化することで心が研ぎ澄まされる

ちなみにピリピリする理由の仮説として、人は焦ったり不安に急になると、ストレスホルモンがドバッと体に出て、脳、神経系がそのホルモンを受けます。そして、体が臨戦態勢になるのです。すると、動物は身を守ろうと無意識に背中を丸めるのです。犬も猫も急なストレスに対して(驚かされたり)ビクッとした動きをしますよね。そして、仲の悪い同士ではちあってしまうと、背中を丸める姿を見たことがあるかと思います。これは全て無意識によって行われている人間、動物の本能的な機能といえるでしょう。この無意識を全て意識化させていったのです。すると、感情の起伏が驚くほど減っていくのです。さらに動じることもだいぶ減り、(なくなったと言えるくらい)ひと昔前の自分は、心も荒れ放題でしたが、姿勢を見つめ直してから不思議なほどに落ち着きがあるようになったのです。無意識、無自覚を意識化させることは心を研ぎ澄ませてくれます。心の安定は、身体によって築けることを改めて知ったのでした。

姿勢は心を穏やかにしてくれるツールとなる

呼吸や瞑想にもあるように私の中のマインドフルネスのツールは姿勢でした。呼吸を整えようなどのことが多く取り上げられていますが、現代の日本人の働き世代のほとんどは背中を丸くし、横隔膜がうまく使いこなせてない人が多数です。ということは、まずは背中を整えて呼吸を入りやすくする身体へと変化させることが必要となります。そのためにストレッチや運動、睡眠の質を上げていく必要が出てきます。しかしながら姿勢とは、気にすれば伸ばせるものです。ですから、最も簡単にその場で変化させることができます。

必ずセミナーなどで伝えていることがあります。「ストレスを感じた時ほど、姿勢を意識してみてください。」まずは試してもらうのです。すると、あまりにも多くの反響が帰ってきます。

  • イライラしなくなった
  • 心が動じなくなった
  • 焦りがなくなった
  • 自分に自信が持てるようになった

姿勢を保つことができてくるとさらに反響が帰ってきます。

  • 姿勢がいいね、と褒められるようになった

この褒められる、ということがとても大切なのです。褒められるということで自分にさらに自信がついてくるのです。ポジティブなスパイラルが周りで起こり出すと、周囲の環境も心地よくなっていくのです。

姿勢は生命力、心を映し出す鏡となる

「姿勢は生命力そのものです。」ともセミナーで必ず伝えていることです。ひまわりを想像してください。元気な時は、太陽に近付こうと真っ直ぐピンと伸びています。しかしながら生命力が失われていくとともに花弁が土に還ろうと萎れていくのです。これは全ての自然の摂理に繋がります。動物も生命力が失われていくと、下を向き、頭が地面に近くなって行きます。そして人間も同じです。その人のやる気や意気込みなどはまさに姿勢を見るとわかります。体調が悪そう、なども姿勢をみると感じられます。

姿勢は本当に心を映し出す鏡であると感じます。まずはセルフケアとして、自分の姿勢を少し観察対象にしてみるとが紐解けるかもしれません。

子供の体調や、周りの人の配慮としてその人の背中の姿を少しみてあげてみてください。すると、他者へできる何かが見つかるかもしれません。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。