free web hit counter

Wストレッチの驚くべき効果とは?身体が心があまりにも気持ちよくなる!

背中=姿勢の基本メカニズム

ダンサーとして25年、ピラティスを教えること15年経ちますが、毎年毎年私のエクササイズはブラッシュアップされ、気がつけばどこにも存在しないようなオリジナルなものに生まれ変わってきました。その背景には、クライアントさんたちからの要望によって生まれてきました。

「お尻を締めたい」「二の腕をなんとかしたい」「腰回りをスッキリさせたい」などなどパーツの要望はあとをたちません。ご要望があると、自分で色々実践してみます。そしてある時ピン!と頭の中で身体の全体構造が浮かび上がり、これならバッチリ効果があるはず!と新たなエクササイズを思いつきサロンで皆さんと試してみて、「これは効くねえー!」などと評価をもらえた時が正直最も至福な時なのです。ピラティス以外に私は、運動を習慣化させてない人ともセッションします。そういった方に毎日できる最良なエクササイズは?をずっと考え続けてきました。運動が習慣化していない人がやってくれるものを探すのは実は一番難しいのです。運動好きな人は次々と新たなエクササイズにチャレンジします。しかしながらそうでない人もいるのです。そういった方が求めるものとは一体なんなのか?をずっと考えてきました。結論から申しますと、

  • すぐできる
  • 超簡単、でも効果抜群
  • 気持ちがいい
  • やった感がある
  • 寝転がらなくてもいい
  • どこでもできる

これらが結論として該当されます。となると、少し膝を曲げることも、腕をしっかりと上に伸ばすことも毎日と考えると続かないのです。しかし、毎日続けてもらえるものを伝えることがプロであると思うのです。そして、一つのエクササイズが完成しました。それがWストレッチ!だったのです。

呼吸法より簡単!Wストレッチの反響

呼吸をしっかりしましょうなどは実は継続が難しいことがわかりました。理由を考えた答えは、そもそも胸郭が開きにくいため呼吸が満足いくほど入らない、ことにあります。日本人は元来猫背姿勢であったり、ストレス社会では、背中が緊張し、横隔膜が思うように開かないのです。ですから呼吸の大切さは頭で理解できても、意識的に呼吸を整えることを継続している人はあまりにも少ないのが事実です。そこで、呼吸がしっかりと入る身体にシフトしてもらうことがまず大切であると考えました。(Wストレッチの効果は後ほど書きます)

これまでに様々な簡単なエクササイズを伝えてもやはり継続が難しかったのです。しかしながらWストレッチは驚くことに、必ず反響があったのです。「Wを信号待ちでするようになったんですよね。なんだか気持ちが良くて」と。これだ!と思いました。全く運動週間のない方が毎日続けてくれているとは!これはプロとしての冥利につきます。さらにこんな反響も沢山頂いたのです。

  • Wストレッチをやると気持ちがいい
  • Wストレッチをやると姿勢が伸びる
  • Wストレッチをやると自分の身体の健康状態が日々違うことがわかるようになる
  • サウナでWストレッチやると汗の出がすごい
  • ウォーキングマシーンでWストレッチをプラスしたら驚くほど代謝が上がった
  • Wストレッチをオフィスで1週間続けたら肩こりがなくなった

などとにかく伝えた方が毎日Wストレッチをやっているの!と伝えてくれます。さらに、なるほど!と思う感想を皆さんくれるのです。そして様々なシーンで実施してくれています。感想というのは、ボディメイキングなどの業種の方は皆さん最良の喜びではないでしょうか。これまで様々なエクササイズを考案してきて、最終的に勝ち残ったとも言えるエクササイズはWストレッチだったのです。それは、いつでもどこでも簡単で気持ちよさを感じやすいからだったのでしょう。

Wストレッチの驚きの効果とは?

Wストレッチは両手をWの形にしますが、ポイントがあります。それが、肘から手首にかけてをぐるっと内側に回すことです。これをすることで人が疲れる身体のポイントを劇的に変化させることができるのです。それが鎖骨となるのです。Wストレッチの効果をあげてみたいと思います。

  • 姿勢がとにかくよくなる!
  • 前重心がセンターへと本来の重心位置へシフトすることができるため腰痛緩和へとつながる
  • 呼吸が沢山入るようになる
  • 身体のコリやすい背中、肩回りの筋肉がゆるみ血行が良くなる
  • 首筋がすっと伸びることで頸動脈頸静脈がピンと張り、脳まで酸素供給がしやすくなる
  • 座り姿勢が良くなる
  • 立ち姿勢が綺麗になる
  • 歩き姿勢で前のめりが消える
  • バストアップになる

これらのことがたった5秒で可能となります。私も歩きながら、デスクワークにおいてしょっちゅうWストレッチを取り入れています。エクササイズを一生懸命行うよりも、圧倒的な効果として気持ちよさが一瞬で手に入ります。ではなぜこんなにもWストレッチが気持ちいのかを検証してみましょう。

身体の不調の根本原因を骨格から紐解く

そもそも不調の原因は、姿勢の歪みによるS字カーブのずれからきていると言っても過言ではありません。なぜなら、姿勢を司るS字のカーブは最も理にかなった形をしているからなのです。5キログラムもある頭を乗せていますが、その重さに潰されないためにS字カーブが存在しています。しかしながら、身体、頭の疲労とともにまず頚椎がつまりだしていきます。すると血液を通す管はグニャリと曲がるため酸欠となります。これがさらなる疲れを引き起こすのです。そして、特にデスクワークなどでは徐々に前傾姿勢となることから頭が前に出てしまいます。すると5キログラムを支える箇所が背中全体となることから、筋肉が過剰に引っ張られてしまうのです。この前傾姿勢が慢性的な疲労、筋肉のはりやコリをうむ原因となります。それらを一気にあっという間にリセットするのがWストレッチなのです。Wストレッチの最大のポイントとなる腕を内側にぐるっと回すことは実は身体の安定、リセットにおける重要な要素となります。

鎖骨をもとに戻すと美しい背中が手に入る!

鎖骨とは上下に動いているものでもなく左右に動いているものでもないのです。鎖骨は実は回旋を伴っています。例えばデスクワークでパソコン作業をしている時は両腕が前におかれますよね。それによって鎖骨は前方方向へとスピンしています。この前方方向のスピンにより、肋骨全体が鎖骨に合わせるように猫背姿勢を作っていくのです。すると肩甲骨は本来の位置から離れていきます。これがさらなる猫背姿勢を生み出します。すると腰まで丸くなり出します。これが腰痛や背中全体のハリを生み出します。この鎖骨の位置を元に戻すことができるのがWストレッチの最大の心地よさへとつながる秘密です。鎖骨を後方へと回旋させることで、上記に挙げた猫背姿勢がパズルのように骨ごと元に戻っていくのです。

まずはとにかく試してみてください。Wストレッチで5秒数えると、ふうっっと何かこれまでと違う気持ちよさが手に入ります。

 

 

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。