free web hit counter

骨格を正しく座ると足は組めない!骨盤の歪みを整える座り方

Lで座る。疲れない座り姿勢

正しく座ることで実は骨盤の歪みがきえていくのをご存知ですか?

骨盤を整えることは、実は体全体を整えることにつながるのです。骨盤は上半身、下半身を支える土台の存在となります。今回は、骨盤が立つとはどういうこと?骨盤を歪ませないための工夫についてご紹介します。

姿勢を変えるだけで疲れない身体が手に入る!

ますは座り方についてです。実は背中を丸めた姿勢は首のはりやや肩こりの原因の一つになるのです。まず背中を丸めた姿勢で首を横に動かしてみたり、両手を上げて見ます。するとギシギシとした筋肉のはりを感じます。(特に肩こりに悩まされる方)

次にLで座る。正しい座り方を実践します。そして両手を上に上げてみると驚く程気持ちよく腕が上がります。さらに、首も楽になるのです。座り方、正座の正しい座り方についてはこちらに記載されています。この詳細については、”腰痛がきえるWストレッチ”にて紹介しています。

正しい座り方。腰が痛くならない、ダイエットになる座り方のまとめ。

正しく座ると足が組めない!?

このレクチャーは非常に驚かれるのですが、正しい姿勢で足を組もうとすると組めないのです。

骨盤の歪みや骨盤が立っている、寝ているの目安は足が組めるか、組めないか

これにより骨盤の位置というのは自分で理解することが可能です。ポイントは、腰のカーブをキープすること!これが骨盤を整えるための最も大事な要素と言えます。

足を組まない姿勢をキープすることが骨盤を整える要となります。腰の位置がいまいち難しい方にセルフで骨盤を整える方法として

座り姿勢にWストレッチをプラスする!

Wストレッチを座りながら行うことで骨盤が立つようになるのです!Wストレッチは自動的に背骨の本来あるべきラインへと戻してくれます。すると足は組めなくなります。よって骨盤もしっかりと整うのです。Wストレッチの詳しい説明はこちらをご参照ください。

このレクチャーをすると皆さん「ほんとだ!足が組めない!」と驚かれます。さらに、首筋から背中にかけての張りが驚く程減っていくのです。

実に疲れない身体を手に入れるためにはちょっとした工夫だけで可能となるのです。

人は時に、痛みや辛さがあると、感情が「痛い、辛い」と持っていかれてしまいます。私も実際に腰痛3ヶ月で歩くこともままならなくなった時は心がくじけそうになりました。足を組むことも、腰を丸めて座ることもできなくなったのです。そしてLで座るという正しい座り方により、身体が痛くない座り方を学んだのでした。痛みがあればその痛みに心を持っていかずに、

対処法

を導き出すことも可能となることを知ったのでした。腰痛対策としてまっすぐに座っていると「姿勢がいいね」と褒められたのです。「いや、腰が痛いんです。」というと「その方が素敵だよ」と言われました。

それからというもの日々、痛みのない身体の位置を研究し、日常生活の姿勢を工夫してきたのでした。そして骨盤も整う感覚が得られたのです。まずはWストレッチをしながら背骨をすっと伸ばしてみてください。それだけで身体の骨格はパズルのようにピタッと整いだします。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。