free web hit counter

脱力三昧の楽々ストレッチ!美しい背中UP!肩こり撃退!

エクササイズ

最近腰痛で20年苦しみ,コルセットが手放せなかった方がいました。しかしながらなんと3回のパーソナルトレーニングで腰痛が劇的に消えたのです。そしてコルセットもすぐに外してもらいました。コルセットを外す代わりに実施しして頂いたことが

姿勢の徹底

です。これは本当に座り姿勢,立ち姿勢,歩き姿勢だけをセルフケアとして取り入れてもらったのですが,身体を骨格があるべき姿勢へシフトすると本当に驚くほど腰痛が消えるのですね。こちらはあくまでも裏方的なサポーターとして,その人がどうなりたいか?どうしていきたいか?を伺いながらトレーニングメニューを作ったりしていくのですが,何よりも腰痛が消えた一番の理由は,

クライアント自身が変わりたいと願ったから

実はこれにつきるのです。その願いを共に叶えていくのが姿勢調律士の仕事です。これがまた至福でもあります。至福である理由は,そこに美しさが生まれるからでしょう。共に姿勢を変化させることは,フィジカルだけでなくメンタルも強くさせてくれます。それが毎回感じられ,どんどん姿勢が美しくなっていく姿は惚れ惚れしてしまうのです。

さて,そこで今回は腰痛に悩む方を含め,お家で簡単にできる姿勢を整える方法となる簡単なストレッチをご紹介したいと思います。

背中が美しくなる!肩こりも解消ストレッチ

ストレッチといっても,一体何がいいのどうしたらいいの?など様々に悩む方は少なくありません。実際に無理な姿勢や負荷をかけると身体を痛めてしまう危険性もあるからです。ですので,どこが正しいストレッチなの?と感じる方は,まず鏡でご自身をチェックしながら行うことが理想的です。鏡でチェックしながらさらに感じていただきたいのは,

身体が気持ちがいいと感じているか?

これにつきます。実際に無理を感じる姿勢でストレッチを行うと身体を痛めたりしてしまうのです。ですので,見た目として美しい姿でのストレッチを目指してみてください。そこが身体が気持ちいいと感じられれば安全にできている指標としてストレッチも長続きしやすいといえます。

この壁ストレッチのメリットは,寄りかかればいいだけ!というなんともあまりにも楽チンなストレッチです。頑張ってよいしょよいしょとやる必要はありません。とにかくはあっと脱力して頂くことが最も大切です。では説明します。

脱力三昧ストレッチ

  1. 両足は肩幅より少し広めに開く。(両足の親指は必ずまっすぐにしてください。そうすることで身体の左右差が軽減できます。)
  2. 両手は頭より少し上に壁につく。
  3. そのままお尻をグッと引いて背中を反らす!
  4. 鼻から息を吸い,口から息を吐きながら8秒数える✖️3セット

ポイント

・膝裏をしっかり伸ばします。

膝裏が伸びることで骨盤を支える臀部の筋肉もストレッチされます。そして,背中にはボールを載せるイメージでそらしてください。背中がぐうっと伸びて気持ちいい感じが得られれば正解です。

・顎は引きましょう。

顎を引くことで後頭部から仙骨と言われる骨盤を支える筋肉までの起立筋と呼ばれる筋群がぐんぐん伸びてきます。それが姿勢を整えるための背骨をしっかりと安定させる筋肉となりますので,しっかりと伸ばしましょう。起立筋群が伸びることではじめてしなやかな背骨が手に入ります。しなやかな背骨が手に入ると,首筋もすっと美しく伸びて肩周りがぐんぐん楽になってきます。

いつストレッチをするのがベスト?

よく聞かれるのがいつ実施するといいですか?ということです。例えば

  • 寝起き
  • オフィスで眠くなりそうになったら
  • 寝る前

あたりがいいかと思います。理由としましては,まずは寝起き,オフィスでは,ストレッチをすることで身体全身をしっかりと起こし,活動的にさせることができるということが目的となります。

寝る前は,日中の疲れをリセットすることが大切です。疲れを明日に貯めない!これが健康という美しさをキープする秘訣です。そしてその秘訣となる最大の方法は

背中リセット=姿勢を本来ある位置に戻すこと!

にあります。

ストレッチを寝る前に行ったらよく寝れるようになった!

実際にクライアントさんたちでストレッチを寝る前にするようになったらよく眠れるようになった!とのこと。他にも実施している勧めたストレッチはこちらをご参照ください。

筋肉をプリンのように柔らかくする誰も知らない本当の開脚ストレッチ!

疲れたなあと思ったときほどストレッチです!そしてストレッチは美しい姿勢で!これが最も時短で最大効率を生み出す方法といえます。(→30年もストレッチや身体のことを研究し,たどり着いたところは最も美しい姿勢でストレッチをする!でした)

皆様のさらなる健康を祈って!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。