free web hit counter

青森ランプの宿青荷温泉,酸ヶ湯,深沢温泉のスーパーデトックス!

ビューティー

今回はスーパーデトックス旅青森編のご紹介です。今回訪れた場所はランプの宿青荷温泉。

まず初めに結論から申しますと、

あまりにもスーパーデトックスな場所でした。それは五感をとめどなく研ぎ澄まし、日々の都会での生活による光や音、電磁波からのシャットアウトによって、あー人って実はこんなに穏やかなんだなあとしみじみとした場所なのでした。

旅は脳を軽くする

人々が日常生活で乱れ心身を疲れさせてしまう要因が”自律神経の乱れ”が一つあります。これらを乱す要素としては、気温による寒暖差や、エアコン、ストレスによる睡眠の質の低下などを引き起こします。それにより、慢性的な疲労はたまりやすいといえます。また、交感神経と呼ばれる神経系は脳を活発に活動させますが、長時間のパソコン作業や,スマホの使用によって脳は眠ることをしりません。では,どうしたらゆっくりと穏やかな心身を手に入れることができるのか?それは,運動であったり,人と楽しい食事をすることだったり日常に取り込めることはたくさんありますが,やはり私が最もおすすめしたいのが,遠く知らないところへ旅に出ること!です。やはり非日常を味わうことで,普段使用している脳領域が休息できるのだと思っております。実際に旅行や遠出をした方の身体の状態は脳が軽くなっています。脳が軽くなるというのは,実際に私が日々施術をしている中で見つけたことです。ですので,クライアントの方々には忙しい人ほど,「非日常を味わってきてください。」と勧めている次第です。

さて,前置きが長くなりましたが,青森県の温泉三昧のご紹介です!

青荷温泉

今回は飛行機でビュンと1時間ちょっと飛んで行って参りました。早い,とにかく早いです。冬季は雪深いため,八甲田山近辺へ訪れるには道路情報を下調べすることをおすすめします。青荷温泉は途中で車を置き,送迎で向かいました。この道が,冬はどう考えても素人は運転してはいけない道!と思うほどの道でした。送迎ありがたいです。

電気もインターネットも繋がらないその宿はひっそりとしながらも,なんだかとても温かみがありました。

http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/

温泉はアルカリ単純泉。扉を開けた瞬間のお風呂場の景色が大好きなのですが,ここはあまりにも優しい空間で包まれていました。それはランプという力がなすものなのか,温泉場だからなのかはわかりませんが,とにかくこれまでの空気感とは圧倒的に違うものを感じました。

源泉掛け流しお湯はコンコンと湧いており,足元までも温めてくれます。外はのどかな雪景色。これがまたしんと静まりかえる中で温泉の湧き出る音だけが響きます。お湯は入ればわかる!というもの。あまりにも優しいのです!あーなんてこんなに優しいのだろうと心をなでおろすかのようなお湯。柔らかなお湯は肌をツルツルにしてくれます。

入浴場所は4箇所ほどありました。混浴もありますがレディースタイムもあります。露天風呂はちょうどいい温度になっておりずっと入って入られます。ゆらゆらと揺れるランプの光を眺めているとなんとなく目にも良い気がしてきます。

宿泊の部屋自体も,食事処もとても静かなんです。これって多分ランプの効果なんだろうねと話していました。不思議と光が絞られた世界は,声も静かになるのですね。最初は,暗いと思って,ないはずの電球のスイッチを思わず探してしまうのです。そして探してもないことに気がつき,日常の無意識の癖を垣間見るのです。

徐々に目が慣れてきます。なんだか目もよくなりそうな気がしてきます。石油ストーブしかありませんが,エアコンに慣れきった身体には大丈夫なのだろうか?と内心不安だったのですが,これが意外と暖かいのです。心身から温まり,五感があまりにも研ぎ澄まされていくような気がします。毎日ランプを付けるのもかなりのご苦労だと思います。どうか,変わらぬ環境で残ってて欲しいです。

深沢温泉

さて,青荷温泉の前に立ち寄りで冬季も営業している温泉を見つけ行ってきました!これもまさに秘湯です。深沢温泉の看板が目印です。

内湯と外湯が待っています。山の息吹を感じるような力強いお湯は,鉄分と塩化物とともに大好きな硫酸塩泉!もはや成分表は見当たりませんでしたが,お湯に入るとすぐに肌に気泡がぷくぷくとつき,これが新鮮さの証でもあります。不思議な緑がかったような色をした温泉です。雪を見ながらの雪見露天風呂も和みます。ここはマニアック度がかなり高いのでマニア好きにはおすすめです。

酸ヶ湯

順番はバラバラになってしまいましたが,最終日は酸ヶ湯へ向かいました。Ph1,7は強烈でした。多分,全国の強酸性の温泉はだいたい制覇したような気がします。強酸性でこれまで訪れたところは,

そして待ちに待った酸ヶ湯へ到着!https://www.sukayu.jp/

さて,Ph1,7の久々の強酸性。お湯に浸かると途端に皮膚がピリピリとします。身体中の細胞が一気に修復されているような気分!凄い!お湯に浸かりながら「よろしくお願いします」と深々と挨拶をしたくなるようなお湯です。ポスターを撮りましたがこんな感じ。混浴の温泉はとてつもなく広々としています。湯浴みを着て入ります。

女性専用の内湯ももちろんありますのでご安心ください。お湯が強すぎるのと硫黄臭があまりにも強烈なので流石に出るときは流しました。

完全に骨抜きにされたような腑抜け感となります。温泉の浄化力は凄まじいです。帰りは気を失ったかのように爆睡。自然の息吹を感じることで身体に溜まったアースをどんどん抜いていきます。

そう,実は極上睡眠のために足しげく全国の温泉地のお湯を探しているのか!と自分で気がつきました。東北はなんだかほんわかと和む土地です。完全にノックアウトされ,東京へ戻ると,またそれはそれで,ホッとするのです。そして,また頑張ろうと思えます。現代人に必要なことはオンオフのスイッチングだと思っています。自然に戻ると心身はすっと癒されます。自然の力は偉大です。青森県のスーパーデトックス旅はまた一生の記憶に残る最高の旅でした!青森県ありがとう!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。