free web hit counter

肩甲骨がぐんぐん動く!美姿勢アップの背中脱力ストレッチ!

エクササイズ

今回は,脱力出来てる!?に着目したいと思います。

気になる背中をなんとかしたい!という方のためにとにかく脱力をすればいい!というあまりにも簡単すぎるストレッチをご紹介します。まずは脱力の気持ちよさを知ってもらうことから姿勢リセットへと繋げていきましょう。このストレッチで

  • 肩甲骨周りがぐにゃぐにゃに柔らかくなり,柔軟性がアップ!
  • 背中の見た目が美しくなりさらに若々しくハツラツと見える印象アップ!
  • 凝り固まった疲れをとにかく出し切る!

を目指していきましょう。

骨格リセットで姿勢が美しく変化!

姿勢を整えるためのピラティスやストレッチばかりを研究してきますと,自然と身体が驚くほど軽くなって来るのをご存知ですか?なぜなら姿勢を整えるということは=本来人間としてあるべき骨格の位置にリセットする!ということにつながるからなのです。

姿勢は元気や疲れのバロメーター

姿勢というのは実は見えない精神面を見える化しているのです!単純な話で疲れていれば背中に力が入らずしっかりと立つということも億劫になります。逆に元気な時やウキウキしているというは背中がピン!としてウキウキ感を漂わせていたりしますよね。何か嫌な時や苦手な物事が目の前で起きれば身体は自然と身構えるものです。これが人間という動物が身を持って生き抜く方法になるのです。そう姿勢とは常に顔の表情と同じように表情を持っています。

Fotorech / Pixabay

ですので,姿勢をみるとその人の意気込みややる気なども垣間見れたりするものです。姿勢とは,無意識の表情を持っているのですが,ではその無意識を意識化させてみるとどうなるのか?これは私自身興味を持ち姿勢を観察してみると,自分の深層心理がなんとなーくわかるようになってくるのです。そして,姿勢をが崩れた時ほど元に戻そうとすると,驚くほど心も晴れやかになるから不思議でした。

とはいえ,現代人はストレス社会の中で背中を意識するということも難しいです。理由としましては疲労の蓄積により,

脱力ができない

のです。自律神経と呼ばれる神経のスイッチングがうまくできるようになると,楽に呼吸ができるようになったり,疲労を溜め込みにくくなります。他にも姿勢をリセットすると以下のような気持ちよさが手に入ります。

  • 見た目がグッと美しくなる!
  • 食べても太らない体質に!サイズダウン!
  • 身体のこりや疲れ(腰痛,肩こり,首の痛みなど)が圧倒的に楽になる!
  • 背中が美しくなり若々しく見える!

とメリットしかありません。メリットしかないというのも珍しいですが,やはりメリットばかりです。姿勢を整えようとすると疲れるというデメリットを聞くこともありますが,これは実は,

人間が立って歩くために必要最低限の筋力を養う必要性

があるため,必ず必要なことになります。赤ちゃんがハイハイして筋力と骨格を作り,立てるようになり,歩けるようになります。これが人間が必要な筋力となりますので,姿勢維持は生命力にも繋がる必要な筋肉を養うと置き換えてみてください。まずは座り姿勢,立ち姿勢の見直しだけでもグッと身体は元気になるはずです。正しい座り方,立ち方はこちらをご参照ください。

正しい座り方。腰が痛くならない、ダイエットになる座り方のまとめ。

Iで立つ基本。立ち方を変えるだけで背中美人に!

しなやかなS時のカーブを作るためには,しなやかな背中の動きが必要になります。しかしながら,日々デスクワークなどで猫背になっているとしなやかな背中の動きを作ることも難しくなります。こんな方に多いのが,

とにかく疲れる

です。理由としましては,姿勢を丸めると呼吸が浅くなります。試しに行ってみると呼吸が入りにくいのがわかると思います。では姿勢を整えて呼吸をするととても呼吸が楽に入るようになります。まずは,酸素を取り込む骨格の見直しが必要となるのです。呼吸が沢山入るようになれば酸素供給が促されるということに繋がります。呼吸を沢山入れるためのベストなストレッチはWストレッチです。いつでもどこでも最も簡単にできるストレッチです!即効性抜群なので是非行ってみてください。

背中の張りやコリをとるには背中の脱力が鍵!

様々な人とセッションする中で背中を脱力することがこんなにも難しいとは!と驚かれることが多々あります。そもそもトレーニングの前段階として,脱力の仕方を覚えてもらうことが大切だ!と気付きまして脱力ストレッチを施します。すると,背中の張りが驚くほど柔らかい筋肉に変化するのです。これは肩甲骨が本来あるべき動きをすることができるようになることで背中のインナーマッスルが活性化されます。すると,僧帽筋などと呼ばれる背中を堅く強固にする筋肉の張りが徐々にほぐれていくのです。

もっと簡単に説明しますと,背中をどこで支えるか?と置き換えてみます。背骨の中の姿勢をしっかりと維持させる筋肉でささえるか?外側の筋肉で支えるか?です。もちろんどちらも使っているのですが,これは意外にも意識で変わります。もっとわかりやすく説明しますとバレリーナーのような筋肉はインナーマッスル,ボクサーのような筋肉はアウターマッスルといった感じです。背中のコリや張りを取り除いていくとこんな効果が期待出来ます。

  • 肩こり,背中のコリ,首のハリ,腰痛が楽になる!
  • 背中の見た目が若々しくなる!
  • 日頃の緊張感が除かれ,心身ともに軽くなる!
  • 眠りの質が向上する!
  • 肩甲骨が動きやすくなる!
  • 首筋のデコルテ部分がグッと綺麗になる!

ととにかく綺麗になる!身体だけでなく心身まで凝り固まった状態から解放されていきます。では背中脱力ストレッチをご紹介します。

背中を緩める背中脱力ストレッチで姿勢がぐん!と美しさアップ!

  1. まずは四つん這いのボックスを作ります。
  2. 両手は肩幅,両膝は股関節からまっすぐ下へおきます。
  3. 顎は引き,背骨がしなやかな状態をイメージしてください。(ここはかなり重要なポイントです)

4. そのまま右の肩関節に上半身の体重をグッと乗せます。次に左の肩関節に体重を移動させます。

このポイントは”骨を動かす!”ということです。骨を建物の骨組みのようなイメージをしながら,身体の重さを関節にスライドさせるイメージで動かすだけです。

始めは,このスライドというイメージが難しいかもしれませんが,身体というのはイメージをすればイメージ通りい動くようになります!脱力がメインとなりますので,筋肉を使わないイメージです。脱力させるポイントと方法は

・息は吐きながら「はあー」と言いながら行うとベスト!→言葉のイメージを脳に伝えると不思議と筋肉はほぐれていきます。他には,「ゆら〜ゆら〜」など。

・腰も力を抜いてください。重力に身を任せるイメージです。

いつ行うのがベスト?

毎日お風呂上がりに行ってみてください。ゆら〜ゆら〜,はあ〜という感じで揺れてください。脱力出来てきた?筋肉ほぐれてきた?という目安は肩甲骨がグッとよりだし,身体の重さをしっかりと感じ出している状態となります。

脱力を一旦身体で覚えさせると,筋肉の質が圧倒的に柔らかくなります。事実私は過去の筋肉はガチガチだったのですが,このゆらゆらとした脱力ストレッチにより,姿勢を支える背骨のS字のカーブが綺麗に作りやすくなり,さらには筋肉が貼るといったことからかなり卒業しました!

筋トレの前にしたいこと,それが筋肉をしっかりとほぐすことです。それから筋トレやさらなるストレッチを施すとより,理想のボディが手に入ります!

肩の力を抜きながらゆらゆらとしてみると,心持ちも変わるかもしれません。まずはトライ!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。