free web hit counter

膝の痛みを解消する超簡単ストレッチ&生活に役立つ膝痛み予防

エクササイズ

今回は膝の痛みについてまとめます。いつまでも美しく歩き続けるためには膝の問題も早めから対処したいと思います。そこで,最も簡単で最もシンプルな膝,股関節,姿勢を全て整える方法をご紹介します!

膝が急に痛くなってきた,膝を曲げると痛い,膝を伸ばすと痛い,など膝の痛みとは実に様々あるのですが,まずはみなさんが知りたい

膝の痛みが劇的に解消できる超簡単なストレッチ方法をご紹介します。

膝の痛みを解消するためのストレッチの紹介

まず,膝の痛みと原因については膝の構造からの説明が必要になりますのでこれはおって説明します。

これだけ毎日続ければば膝の痛みの心配がなくなるよ!というストレッチ方法を先にご紹介します。

段差(階段やヘリ,玄関などををして下さい)をまずは探す必要があるのですが,段差を探します。

1足の設置させる位置はすごく重要です。

段差の高い方に足裏の指側をまっすぐな平行に置いて下さい。

この時平行にする必要があるので必ず親指は真っ直ぐにしてください。理由としては,膝や脚にかかる体重差を消し,左右対称に負荷をかける必要があるからです。今回はホワイトボードにてサクッと書いてますので悪しからず!まあ,理解できればOK!ということで。

2姿勢を整えます。

危なくないように手すりや壁に手を置いておきましょう。

胸を張り,お尻をキュッとしめてください。足裏半分までかかとを後方に下げます。要するにつま先側が設置面につき,かかと半分は浮いている状態です。写真は台に乗っていませんが,真っ直ぐの立った姿勢を作ることが大切です。これが膝の痛みを消すための最短ルートですのでIで立つは基本と覚えておいてください。

Iで立つの基本の詳細はこちら。

Iで立つ基本。立ち方を変えるだけで背中美人に!

3方法

まずはかかとをグッと下げてきましょう。すると,足首からアキレス腱,膝裏までが伸びます。その伸びた状態をキープしてください。とにかく膝裏を伸ばしてください。膝裏を伸ばすためには必ず骨盤が立ち姿勢が勝手によくなります。ここがポイントです。

鼻から息を吸い,口から息を吐きながらゆっくりと踵を持ち上げていきます。その際,背筋は伸ばしたまま行ってください。上がったら足裏のアーチがしっかりと伸びていることを確認してください。

そのまま5秒でゆっくりと踵を下げていきます。

この作業を5回だけ毎日続けてください。膝の痛みが劇的に解消されます。

なぜ膝の痛みをケアするのに足裏なの?

だいたい病院などでチェックする場所とは,”痛みそのものの箇所”が多いと思います。しかしながら身体というのは,全てのバランスをもってして支え合っているのです。ですので,膝そのものに原因がある訳ではないことが多いです。その理由をかくとまた果てしなくなるのでかいつまんで説明します。(ちょっと専門的なので詳しく知りたい方だけ読み進めてください)

膝を痛めやすい理由は膝の構造にあり!

実は膝,肘というのは痛めやすい関節となります。最大の理由として挙げられるのが

膝は自由関節である。

ということです。膝とは膝だけでなく靭帯が無数に張り巡らされています。屈曲,伸展,側屈,回旋という6方向の動きを担っている場所なのです。そして,膝とは,太ももの骨,膝のお皿,膝から下の脛骨と腓骨と呼ばれる多数の骨によって支えられているため膝とは自由でありながらも痛めやすい場所でもあるのです。

膝が痛む原因とは?

さて,では膝はどのような力によって支えられているのでしょう?

  • 足から地面を踏みしめる力が膝にかかかる
  • 上半身の重さと地面からかかる力を支えている

のです。これが基本設計です。次に膝はどのようにして痛むのかを考えてみましょう。

  1. 歩き方

この歩き方の左右差によって膝にかかる体重差が生まれるのは想像に難しくないと思います。ですので,特に膝が痛い方はAウォーキングをすれば痛みは激減します。そして姿勢を整えながら歩くことが最も大切です。要するに,背中が丸まって骨盤が立たない状態で歩いていると,膝の前側に体重が乗ってしまうのです。

膝を痛ませない歩き方は,身体の重さを足裏から地面に逃す!です。

詳細はこちら。

Aウォーキングの基本。最も美しい背中美人が手に入る!

 

2.横座りや足を組む姿勢での骨盤の歪み。

え,なんで膝が痛いのに骨盤が関係あるの!?と思った方もいらっしゃるでしょう。しかしながら,膝にかけての大腿骨と言われる骨は骨盤から繋がっているのです。よって骨盤の歪みにより,膝にかかる体重差が生まれたり,膝の関節に歪みが生まれ,膝が痛くなるということが多々あります。

よくあるのは,膝が痛いのよね,と言っている方で床座りが多い方が結構いらっしゃいます。床座りの横坐りやお姉さん座りなどで骨盤が歪み,膝もあっという間に歪んでいくのです。骨盤に関して詳細を知りたい方はこちらを参照ください。

骨盤を歪ませない!股関節、膝の痛み卒業!小尻へと繋がる3つのパズル

飛行機、列車の腰痛予防教えます

3.運動,スポーツからの膝の痛み(簡単に言えば使いすぎとなりますが)

運動はご想像の通り様々なアクシデントもありますし,使いすぎももちろんあります。私も過去にニューヨークスタイルのタップダンスを猛烈にレッスンしてましたら,ある日膝が動かなくなりました。(使いすぎです。白人さんなんともない。凄い靭帯の違いです。)

スポーツに関する痛みの落とし穴はこちらをご参照ください。

知らない腰痛の落とし穴?スポーツ後の腰痛予防ケア運動。

様々なアクシデントがありますが,とりあえずアイシングなど膝の痛みをケアする方法はあります。しかしながら私が最もオススメする方法が

身体そのものをリセットする!

です。この身体をリセットするという力が上記のストレッチ方法に全て詰まっています。正直膝の痛みは

リセット&関節を正しく締め直す

でまずはどうにかなります。膝の痛みに困っている方,水を抜いたりしてもまた水がたまりますよね。それも大変です。ですので,まずはリセットをすることを施してあげるととにもかくにも楽になります。

リセットこそが,”姿勢”です。姿勢調律士の野口早苗が提唱する姿勢とは,骨格構造を元にあった場所に戻す!です。ですので,基本誰でもできます。

とにかく誰にでもできる身体ケアの方法が姿勢です。まずは上記のストレッチを毎日5回行えば姿勢は整います。

とにかく簡単で誰にでもできるものですので安全です。

より多くの皆様がいつまでも美しく歩けるために,を願っております。

お読み頂きありがとうございました。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。